利用規約

教員の採用については、求人票(紙媒体)での受付(郵送)とさせていただきます。
お送りいただいた求人票は大学にて学生へ周知します。
学生が使用する場合、アカウントの作成は必要ありません。在学生はScombよりログインしてください。

アカウント申請を行うために、利用規約に同意していただく必要があります。

CAST利用規約

この規約(以下「本規約」といいます)は、ハーモニープラス株式会社(以下「ハーモニープラス」といいます)の開発に係るCAST(内容は第1条において定めます。以下「本サービス」といいます)をご利用頂くにあたり、その利用に関する条件を定めるものです。本サービスの利用者(以下「利用者ID取得者」といいます)は、本サービスの利用開始をもって、本サービスを管理・運営するハーモニープラスに対し、以下の条項に関してご同意頂いたものとします。

■第1条(本サービスについて)
1 本サービスとは、ハーモニープラスが提供するインターネット上での求人受付サービス(https://shibaura.pita.services/)のことを指します。
2 本サービスの目的は、当該年度に大卒採用予定のある利用者ID取得者が、本サービス利用の大学に対して、速やか、かつ効率的に求人依頼を行うためのものとします。

■第2条(定義)
本規約において、「利用者ID取得者」とは、本サービスの利用者IDを取得した企業または個人事業主のことを指します。
本規約において、「参加大学」とは、求人受付業務に本サービスを利用している大学を指します。

■第3条(利用者IDの取得者の資格・権利等)
1 本サービスを利用するにあたり、利用者IDの取得を行うことができるのは当該年度に大学の新卒者採用予定のある企業または個人事業主とします。
2 アルバイトおよび一時的な臨時雇用のみの求人登録を目的とした利用者IDの取得はできないものとします。
3 ハーモニープラスは、利用者ID取得者に対し、本サービスにつき、譲渡不能・再許諾不能の非独占的利用権を付与します。
4 利用者IDの取得申込みをする時をもって本サービスの利用開始とします。

■第4条(利用者ID取得者へのサービスおよび免責事項)
1 ハーモニープラスは、利用者ID取得者に対して事前の通知なくして本サイトのサービス内容の変更または一時的な中断を行うことができるものとします。
2 ハーモニープラスは利用者ID取得者に対して、1ヶ月の予告期間をもって、本サービスの一部或いは全てを終了することができるものとします。
3 システムの障害およびシステムのメンテナンス等により、本サービスの不具合、中断または停止する可能性があるものとします。
4 利用者ID取得者の登録した情報および利用するサービスに対していかなる不具合が生じた場合(前項の不具合、中断または停止も含まれるものとします)にも、ハーモニープラスは一切の責任を負わないものとします。
5 利用者ID取得者が本サービスを利用したこと、または何らかの事由により利用できなかったことにより不利益が生じた場合にも、ハーモニープラスは一切の責任を負わないものとします。
6 利用者ID取得者に関する登録情報は、利用者ID取得者の責務において登録するものとし、登録上のミスおよび操作上のミス等により利用者ID取得者の意思と反する情報登録がなされた場合にも、ハーモニープラスは一切の責任を負わないものとし、利用者ID取得者が参加大学およびその学生に対して責任を負うこととします。
7 ハーモニープラスは、業務上通常要求される程度の合理的な措置をハーモニープラスが講じていたにも関わらず、利用者ID取得者または第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(
①ウィルスによるサーバーダウン、システム障害、データの流出・損壊および誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバーダウン、システム障害、データの流出・損壊および誤った情報の掲載、④利用者ID取得者の操作ミスによるデータの流出・損壊、採用機会の損失などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。

■第5条(利用者ID取得者の禁止事項)
利用者ID取得者は次の行為を行ってはならないものとします。
① 虚偽の情報を登録する行為
② 利用者ID取得者が所属しない企業および個人事業主の情報を登録する行為
③ 第1条の目的にそぐわない行為
④ 法令に違反する行為(犯罪行為を含みます)、またはその恐れのある行為
⑤ 公序良俗に反する行為
⑥ 不当な手段によって営利を得ることを目的とした情報登録および情報提供
⑦ ハーモニープラス、他の利用者ID取得者および第三者の財産・プライバシー・知的所有権等を侵害する行為
⑧ 本サービスの運営を妨げる行為、およびハーモニープラスの運営を妨害・信用失墜を誘引する行為
⑨ 上記各号のいずれかに該当する行為を援助・助長する行為
⑩ 上記各号のほか、ハーモニープラスが不適当と判断した行為

■第6条(知的財産権)
1 本サービスに含まれる著作権その他の知的財産権は、ハーモニープラスに帰属します。
2 利用者ID取得者は、本サービスの利用により、本規約で定められたものを除き、何ら権利を取得しないものとします。

■第7条(取得情報の管理)
1 利用者ID取得者は、本サービスを通じて取得した参加大学に関する情報を当該利用者ID取得者の当該年度の求人業務のために必要な範囲でのみ利用できるものとし、それ以外の目的のために情報を取得し、または保有してはならないものとします。
2 利用者ID取得者は、参加大学の同意がない限り、本サービスを通じて取得した参加大学に関する情報を第三者に提供または漏洩してはならないものとします。

と第8条(利用者IDの取り消しおよび損害賠償)
1 ハーモニープラスは、利用者ID取得者が本規約に違反したと判断した場合には、当該利用者ID発行者に事前通告することなく、利用者IDの抹消および今後一切の利用者IDの取得行為を禁止できるものとします。
2 ハーモニープラスは、利用者ID取得者が登録した内容に対して、ハーモニープラスが不適切な内容であると判断した場合には、事前通告することなく、直ちに登録内容の削除および利用者IDの抹消を行うことができるものとします。
3 ハーモニープラスは、利用者ID取得者が本規約に違反したとハーモニープラスが判断し、本規約違反によって損害がハーモニープラス、参加大学または参加大学の学生に対して生じた場合には、しかるべき損害賠償請求(この請求に係る損害には、逸失利益、特別損害、解決を弁護士に依頼した場合の弁護士費用を含みます)を行う場合があるものとします。

■第9条(秘密保持)
1 利用者ID取得者は、本サービスの利用により知り得た取引、人事(採用を含みます)、営業、技術上の一切の情報(個人情報を含み、以下「秘密情報」といいます)を善良なる管理者の注意をもって保管するものとし、本サービスの利用目的を超えて使用せず、また、第三者に開示・漏えい等の行為を行わないものとします。ただし、以下の各号に該当する情報は、秘密情報から除外されるものとします。
① 情報を知り得た時点で、既に公知となっていた情報。
② 情報を知り得た時点で、既に自ら正当に保有していた情報。
③ 情報につき知り得る状態になった後、自らの責によらず公知となった情報。
④ 情報につき知り得る状態になった後、正当な権限を有する第三者から、秘密保持義務を負うことなく、適法に入手した情報。
⑤ 情報につき知り得る状態になった後、本サービスに関係なく、自らの調査・分析等を行うことにより得た情報。
2 利用者ID取得者は、法令により開示義務を負担する場合及び、法令に基づき、正当な権限を有する裁判所、その他行政機関より適法に開示を要求される場合は、ハーモニープラスに事前に通知した上で、秘密情報を開示することができます。

■第10条(登録情報の管理)
1 ハーモニープラスは、本サイト上にて、利用者ID取得者が登録した情報の管理につきましては万全を期し、参加大学への提供以外には、他への転出・転売等の行為は行わないものとします。
2 利用者ID取得者は、登録情報を参加大学のインターネット求人票検索システムのデータベースへ登録して開示されることに事前に同意するものとします。
3 利用者ID取得者が登録した情報の内容について、明らかな誤りが発見された場合、ハーモニープラスは利用者ID取得者の許可を得ることなく訂正・変更できるものとします。また、業種分類などの利用者ID取得者の主観的判断による登録情報については、ハーモニープラスおよび参加大学の判断において、利用者ID取得者の許可を得ることなく付与管理するものとします。
4 利用者ID取得者が取得した利用者IDについては、大学求人受付業務の効率化を推進する目的において利用する場合は、必要に応じて参加大学に開示できるものとします。

■第11条(情報の配信)
利用者ID取得者は、ハーモニープラスより年4回程度の利用案内および採用アンケート、採用関連情報等を含むメッセージをEメールまたはFAXの配信を受けることを了承するものとします。

■第12条(利用者ID取得者の利用の中止)
利用者ID取得者は、利用の中止にあたり、ハーモニープラスに通知することなく、いつでも利用を中止できるものとします。また、ハーモニープラスは、利用者ID取得者から登録情報の抹消の依頼があった場合には速やかに削除するものとします。

■第13条(本規約の変更)
ハーモニープラスは、本規約を必要に応じて随時変更することができるものとします。本規約の内容の変更につきましては、本サービスの掲載規約を変更した時点でその効力を生じるものとし、利用者ID取得者は本規約変更後も本サービスを利用し続けることにより、変更後の本規約に対する同意をしたものとみなされます。

■第14条(準拠法、管轄等)
1 本規約の準拠法は日本法とし、日本語で記載された規約を正文とします。
2 本サービスに起因し、または関連して利用者ID取得者とハーモニープラスとの間に生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則
この規約は2016年12月1日より実施いたします。